セブ市ECQ延長、近隣市の揺れる方針に市民混乱

現地ニュース

前回のブログで、「強化されたコミュニティ隔離(ECQ)」と「一般的なコミュニティ隔離(GCQ)」の違いについて触れましたが、ECQ終了予定の5/15が迫るなか、セブ市についてはECQをやや緩和した「調整された強化コミュニティ隔離(MECQ)」が5/31まで延長されることが決まりました。

5/16 セブ市・マンダウエ市が急遽ECQ続行となりました。(5月末まで)
その他の地域はGCQ移行となっています。

MECQ化では、一部の公共交通機関 および 定められた業種のみ営業再開が許可されます。
なお、ソーシャルディスタンスを維持するため、バスの運賃が数ペソ値上げになるとのこと。


セブの他のエリアは…?


昨日やや問題になったのが、近隣のマンダウエ市ラプラプ市

GCQの発表があった後、セブ市・マンダウエ市・ラプラプ市の3都市の共同声明で、ECQを推奨するという内容が発表されたため、「え、どっちなの???」と混乱する方々が出てきました。


Cebu City Public Information Officeより

整理してみますと、最初のGCQ移行の発表元はフィリピン政府。5/12ロケ大統領報道官を通じて記者会見で発表されました。新型コロナウイルス対策の省庁間タスクフォース(IATF)が規制内容や地域を決めています。

一方で、ECQの延長推奨派が、メトロセブの3都市州警察(Police Regional Office (PRO) 7)
それぞれがECQを延長した方が有益だとの見方を表明しており、今回の混乱の元となっています。
[news] Police to recommend ECQ extension in Cebu


で、結局のところは…?

現在のところは、政府の告知通りマンダウエ市・ラプラプ市はGCQへ移行となっており、該当市のショッピングモールや国際空港は5/16からの再稼働を目指して動いています。

5/16 セブ市・マンダウエ市が急遽ECQ続行となりました。(5月末まで)
その他の地域はGCQ移行となっています。

 


フィリピンに入国できるのはいつになる?

現在、全ての外国人のビザ発給が停止している状態が続いています。
現実的に今はまだ入国可能な状態ではありませんが、到着渡航者にPCR検査の実施、陰性の場合の14日間の自己隔離などのガイドラインが準備されつつあります。
https://www.philippineairlines.com/en/aboutus/newsandevents/advisory-covid19-10may20-57

 

しかしながら、3都市は現在「大規模コロナ抗体検査」の真っ最中。
ECQ続行の姿勢がかなり伺えるため、急に変更になる可能性は大いにあります。
[news] Cebu,Mandaue,Lapu-Lapu seek extended ECQ to complete mass testing現在もセブに滞在中の方は、今後のニュースに引き続き注目していきましょう。
タイトルとURLをコピーしました