マスク&フェイスシールドでSugbo Mercado再開?

セブスポット情報

Sugbo Mercado(=セブマーケットの意)と言えば、ITパークの一角にある屋台&飲食スペース。BBQ、鉄板焼き、たこ焼き、お弁当、揚げ物、ジュースやアルコールなどなど、沢山のお店が出店しています。週末ともなるとローカルの人々だけでなく留学生や近くのホテルに宿泊している観光客など、沢山の人々で賑わう人気のスポットです。


コロナの影響で、しばらく休業状態だったSugbo Mercadoですが、8月12日から営業が再開されるとのこと。屋台だけに、ソーシャルディスタンスやコロナ対策はどうなるのかと注目されていましたが…。


入口でアルコール消毒と検温。


飲食のためのテーブルは取り払われており、どうやらお持ち帰りのみのようです。



全ての屋台で、コロナ対策のビニールが設置されています。再開と言っても、以前のような形に戻るのにはまだまだ時間が掛かりそうです…。

ここ最近、飛行機の搭乗ルールやバイクタクシーの規制ルールで「マスク+フェイスシールド」のルールが出だし始めています。フィリピンでは外出時にマスクをしていないと罰金刑の対象となりますが、今後特に乗り物関係では「+フェイスシールド」が一般化してくるかもしれません。

そんなフィリピンのコロナ感染者数はというと、トータルで14万人を突破。

フィリピンの統計はあまり精密でなく、数え忘れや検査の遅れで一気に数が増える日などもあって信憑性に掛けるところがあります。最近では、コロナだった場合に国からお金がもらえるため、医者が何でもかんでもコロナと診断しているという噂も…。
あくまでもこの数字は、ほわっと参考程度にとどめておいた方が良いですね。

本日は一日で4000人強の新規感染者ということで、まだまだ収束には時間が掛かりそうです。

タイトルとURLをコピーしました