菅総理の英語力は本当に低いのか?

英語学習

今回は引き続きtwitterネタをお届けします。
トランプ大統領がコロナ陽性になったことを受けて、菅総理が書いた英文ツイート。
「英語力が低い」ということでメディアで話題になりました。
皆さんは該当ツイートを御覧になられたでしょうか?

こちらがその問題視されたツイートです。


いかがでしょう?大半の方の印象が『いや、別に問題ないんじゃない?』ではないでしょうか?

私個人的な感想としては、文法的(日本人が書いた英語だなというのが分かる)ではありますが、致命的な間違いがあるわけでもなく、また、公式文書や会見・会談の類でもありませんし、ほっこり系ツイートでいいんではないかと思いました。

勉強のため、問題視された文法部分を見ていきましょう。

I was worried….(心配しました)

過去形だと『今は心配していない』ことになる、現在形にすべき、という指摘がありました。

過去形はその時点にのみ焦点を当てていて現在については言及していないため、『今』どうかというところにそもそもスポットは当たっていません。これをどうとるかはケースバイケースですが、これについての見解の一つは次の通りです。

I was worriedは書き言葉として使用され、I am worriedは話し言葉中で使われます。

Twitterは話し言葉で使用されるシーンも多いので、個人的にはどっちでもいいんじゃないかなとは思いますが、今回は書き出しをDear…と手紙のように始めているので、書き言葉の形式で統一するのがベターかなと思います。

もしI am worried…で続けるならwhen以下は別の表現を使用した方がいいですね。
後ろに続く”when”(~の時、)を現在時制と一緒に使うことはできません。

個人的には現在完了形である I’ve been worried since…を使用すると思います。

そもそも論として、ネイティブであれば「親愛なる〇〇へ ~の時、私は~でした」というお手紙形式の自己表明はせずに「あなたならきっと困難に打ち勝てるでしょう」のようなポジティブな文面と「一日も早い回復をお祈り申し上げます」でさくっと括りそうだと感じました。

形式がネイティブっぽくない点が、一部から幼稚だ外務省のチェックが入っていないと言われる所以でしょうか。スマートな文ではないかもしれませんが、私は悪文とは思いません。

…when I read your tweet saying that you and Madam First Lady tested positive for COVID-19

この長い文をまずは解読していきましょう。

when I read your tweet…
[私があなたのツイートを読んだとき]

このreadは「リード」ではなく過去形の「レッド」であることに注意しましょう。

…your tweet saying that…
[…と言っているあなたのツイート]

your tweetの説明をsaying以下でしています。thatは、ここから文章が始まりますという合図です。「〇〇している××」という表現、文法上は「現在分詞」という単元になります。

…that you and Madam First Lady tested positive for COVID-19.
[あなたと大統領夫人がコロナ陽性であった]

コロナが陽性だったことを”〇〇 test(s/ed) positive for COVID-19″と言い、海外ニュースでも今やお決まり表現です。時制的な話をすれば、心配していた過去の地点よりも、コロナ陽性が分かったのはまだ過去のことなので、大過去(完了形)を使用すべきかな?という点が少し引っかかりました。

ここで指摘のあった、大統領夫人にtheがいるかどうか問題。
→辞書や用例によると、どちらでも大丈夫です。

I sincerely pray for your early recovery

「早い回復をお祈り申し上げます」の決まり表現


ここのearly recoveryは間違いではないけれど、かなり少数派の言い回し表現です。
一番よく使われている一般的な表現は、speedy recoveryです。韻を踏んでいてちょっとこっぱずかしいかもしれませんが、皆さんはこの表現で覚えてくださいね。

…and hope that you and Madam First Lady will return to normal life soon.

「life(生活・一生・命・暮らし)」という単語、意外と奥が深く、加算名詞(数えられる名詞)と不可算名詞(数えられない名詞)の両方の用法があります。特に「生活」という意味で使う場合、特定の人の生活について言いたい場合は可算名詞、不特定の生活を指す場合は不可算名詞で取り扱います。

ここでは、トランプ大統領と大統領夫人の”生活”、限定されたものについて言及しているため、lifeは可算名詞として取り扱った方がよさそうです。

…and hope that you and Madam First Lady will return to normal lives soon.
[あなたと大統領夫人が日常生活にすぐ戻られることをお祈りしております。]

life[ライフ]の複数形はlives[ライブズ]です。
live[リブ]、lives[リブズ]と混同しないように注意してください。

因みに、最近、政治家の中で「英語ができる」でちょっと話題になっているのが河野大臣ですね。
合わせてご紹介しておきます。

ネイティブからやや発音のクセは指摘されるものの、語彙のレベルも高く、話すスピードもちょうどよく聞き取りやすいです。スピーキングテストや英語スピーチのお手本として、彼の話し方を研究してみるのも良いのではないかなと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました