あべこべの世界を体験 Upside Down World Cebu

セブスポット情報

本日は10月24日(土)より営業再開している「アップサイドダウンワールドセブ」をご紹介します。
Upside Downとは「上下逆」という意味。ちなみに「裏表逆」はInside Outと言うのでセットで覚えておきましょう。Upside Downは子どもさんに人気の面白い写真が撮れるスポットです。


場所は、学校から車で約10分パークモールの向かいにある「タイムスクエア」と呼ばれる商業施設の2階に入っています。※タイムスクエア自体はタランバンという別エリアにもあるので、タクシーで行くときには気を付けて下さい。


タイムスクエアは1番館と2番館があり、奥に長い建物になっています。
カフェやレストランも多いので、留学生たちがよく訪れるスポットですね。


入口の正面はこんな感じ。中に入ってみましょう!


アップサイドダウンの建物の中には、リビング、ダイニング、キッチン、バスルームなどなど、11の色々な部屋が用意されています。ただし、全て逆さまだったり横を向いたりしているんですね。
そこで写真を撮って、上下を回転させると…宙に浮いた不思議な写真が撮れるというわけです。


写真やポーズはスタッフの人がレクチャーしてくれるので大丈夫。
良いアイディアがあればスタッフの人に伝えて、面白い写真を撮ってみましょう。


また、アップサイドダウンはSNS上でフォトコンテストも定期的に開催しています。


自慢の一枚を送って、いざfacebook・インスタグラムで投票。
見事1位になると賞金3000ペソ(約6000円)がもらえます。

Upside Down World Cebu

定休日:無し
営業時間:午前10時~午後9時(ただし、コロナ中は短縮しています)
入場:大人1人250ペソ(約500円)
子ども(12歳以下)1人170ペソ(約340円)
3歳以下は無料

頻繁に値段改定や30%オフのプロモーションがありますので、行く前に公式サイトをチェックしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました