非移住ビザ(リタイアメント&観光)での入国緩和

現地ニュース

本日フィリピン政府から発表された文書によると、今まで入国が認められていなかった非移住系ビザであるリタイアメントビザ(SRRV)、ツアリストビザ(9A)での入国が条件付き2月16日~認められることになりました。文書の該当箇所を抜粋します。

IATF技術作業部会の勧告を批准し、その具体的内容は以下の通りである。

1. 2021年2月16日より、フィリピンへの入国を許可されている外国人のリストに以下の項目を追加する。

a. 2020年3月20日の時点で発行されたビザを持ち、入国時に有効なビザを持っている者で、以前のIATF決議の下で入国が許可されなかった者。
b. 有効かつ既存の特別居住者・退職者ビザ(SRRV)およびセクション9(A)ビザをお持ちの方で、到着時に入国免除書類を移民局に提示することを条件とします。

上記は、移民法、規則、規則に影響を与えるものではなく、移民局長官が排除の放棄またはリコールを決定するための排他的な特権を有するものとします。

今回名前のあがっている9(A)ビザがいわゆる「観光ビザ」ですが、念のため、その定義を確認しておきましょう。
The 9(a) or Temporary Visitor’s Visa is a non-immigrant visa issued to foreign nationals who come to the Philippines for a short period of time, whether for tourism, business or medical purposes. Restricted foreign nationals are required to secure an entry visa before they can enter the Philippines. However, unrestricted foreign nationals can travel to the Philippines without an entry visa. Most foreign nationals are given a 30-day period to stay in the country upon arrival, but that initial stay can be as few as 7 days and as many as 59 days, depending on the visitor’s country of origin. This initial stay can be extended to a maximum stay of 16 months.
9(a)または短期滞在ビザは、観光、ビジネス、医療目的で短期間フィリピンに来る外国人に発給される非移民ビザです。制限のある外国人は、フィリピンに入国する前に入国ビザを取得する必要があります。しかし、無制限の外国人は入国ビザなしでフィリピンに渡航することができます。(=日本人はこの非制限に該当)ほとんどの外国人は、到着後30日間の滞在期間が与えられていますが、最初の滞在期間は、訪問者の出身国にもよりますが、7日から59日までとなっています。この最初の滞在期間は、最大16ヶ月まで延長することができます。

フィリピンは先月まで、イギリスまたはアフリカの変異コロナウィルスが発見された国(日本を含む)からの入国を一切禁止していましたが、現在は解除されています。

鍵となるのは入国免除書類

前後のドキュメントも確認してみましたが、この入国免除書類についてこれ以上は言及されていませんでした。もちろん、入国を許可するのはフィリピン国ですから、フィリピン大使館やフィリピンの公的機関から承認を受けるという解釈だろうと思われます。(=フィリピン外務省又は、在京フィリピン大使館で入手とのことです。)

入国後の隔離期間も1週間に短縮

到着した全ての外国人は6泊7日の事前のホテルブッキング(自費)が必要で、6日目にPCRテストを同じく自費(4000ペソ)で受けることになっています。最近ビジネスビザで入国した日本人の方の体験談では、入国時にセブの空港の両替所が開いていなかったとあるので、事前にフィリピン紙幣を準備して行ったほうがいいかもしれません。

現在、フィリピンでは変異コロナと思われる感染者数がじわじわ増加中

特にビサヤ(セブ島周辺)で、新規感染者数が微増傾向となっています。
最近のニュースだと、セブ市で酒の購入が一切禁止、また、地域の小学校施設をコロナ患者や濃厚接触者の隔離場所として再び使用する準備があると報道されています。
フィリピンの都市部では、コロナの感染者数を抑えた自治体に奨励金を配布する政策をとっており、これによって感染者の隠ぺいが行われている可能性がある、という見方をしている人もいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました