アメリカではアジア人差別が深刻化

留学情報

日本にいると、あまり感じることは多くないかもしれませんが、アメリカやイギリスなど英国圏に長期で住んでいると嫌でも見聞きするのが人種差別です。日本人もアジア人として差別や暴力のターゲットにされる可能性が十分あるため、海外では日本に居る時よりも相対的に「気を付けて」生活する必要があります。

アメリカでは、コロナで失業者も増える中、個人個人の鬱憤の矛先がアジア人に向かってしまう事件が複数起こっており、ニュースのトップ記事・見出しになるほど深刻化しています。

When you are in Japan, you may not feel it very often, but when you live in the United States, the United Kingdom, or other English spoken countries for a long time, what you may encounter to see or hear about is racism. Japanese people, as Asians, can be targets of discrimination and violence, so we need to be relatively more “careful” when living abroad than when we are in Japan.

Now anti-Asian hate crime is becoming severe in the U.S. amid the Covid-19 crisis. Eight people were shot in Atlanta, and six out of them were women of Asian descent, raising fears that they could have been targeted because of their race.


日本人はあくまでも日本人であって、アジア人としての自覚をあまり感じていない方が多いと思います。しかし、外国から見れば、韓国も中国も日本も同じ。日本から見たバルト三国のような、それぞれの違いが認識できない程度の知識が圧倒的マジョリティであることを認識しなければなりません。

どの国もパンデミックによって経済的なダメージを受けています。こういう時こそ冷静になって、平等について今一度考えてみたいものです。

Many Japanese are thinking, “I’m Japanese.” and do not feel much awareness of being Asian. However, from a foreign country’s perspective, Korea, China, and Japan are all the same. We must recognize that the overwhelming majority of the population has a degree of knowledge that does not recognize the differences between them, like the Baltic States from Japan’s perspective.

Every country is suffering economic damage from the pandemic. It is time to keep calm and think about what equality is.

タイトルとURLをコピーしました