英語が読めるのでMRを体験してみた

英語学習

英語が分かると、日本語だけでなく海外の情報に簡単にアクセスできるようになります。
仕事や学業などの真面目な情報だけでなく、趣味など遊びに関する情報も世界中から手に入るので、一石二鳥どころか三鳥ですね!個人的には後者のメリットの方が価値があると思っています。

その例として、今回はVRゲーム機を使って、Mixed Reality(MR 複合現実)を体験してみました。

VR バーチャル・リアリティとは?

頭にヘッドセット(=ゴーグルとも)をかぶって映像や音を感じることで、自分自身があたかも仮想世界に入り込んだような感覚を味わえるのものがバーチャルリアリティ(VR)です。医療や教育にも応用できうる期待の技術。現状、体験している本人はいいんですが、周りの人間から見るとかなりシュールに見えます。

ただ、コロナで気軽に外出ができなくなったため、自宅でできるフィットネス、観光地を360度パノラマ体験できる全方位Youtube鑑賞、世界中の人とチャットするコミュニケーションツールとして人気は急上昇中。

今回はfacebookが開発しているゲーム機、Oculus Questを使用しました。

ミックスト・リアリティって?

通称MR(日本語では複合現実)は、その名の通り「現実」と「仮想」の融合を意味します。どういうことかというと、現実の映像と仮想空間の映像を合成して、自分があたかも仮想空間に立っているような、臨場感のある映像を作ることを言います。VRゲームユーザーの多くは、このようなMR技術を駆使してプレイ動画などを作っています。Zoomの「バーチャル背景の進化版」と考えるといいでしょう。

本来MRを再現するには、グリーンスクリーンや各種機材など大掛かりな道具が必要になりますが、iPhone一台でMR再現から録画までできてしまうアプリが無料で提供されています。

Reality MixerでMR環境の設定をしてみる

今回使用するのはフリーアプリのReality Mixerです。
英語しか対応していないアプリなので、ここで皆さん持ち前の英語力を使って乗り切ってみましょう。

Reality Mixer lets you use your iPhone or iPad to capture your favorite VR games and applications in Mixed Reality without a PC and without a green screen.
(『リアリティミキサー』は、iPhoneやiPadを使って、お気に入りのVRゲームやアプリケーションを、PCなし、グリーンスクリーンなしで、Mixed Reality(複合現実)で撮影することができます。)


Reality Mixerの作りはシンプルで4つのボタンが用意されています。

Instructions – 説明
Start Calibration –  キャリブレーションを始める
Start Mixed Reality – 複合現実を始める
About – Reality Mixerについて

Calibrationという聞きなれない単語が出てきました。キャリブレーションは日本語だと『較正』などと訳されますが、簡単に言うと「合成のための位置決め作業」で、4ステップあります。

Put your headset on, face the camera
(ヘッドセットを装着してカメラの方を向いてください)
and move your right controller’s trigger button as close as possible to the device’s camera.
(そしてデバイスのカメラに右コントローラーのトリガーボタンをできるだけ近づけます)
then press the “A” button or the right controller’s trigger button.
(それから、右コントローラーのAボタンかトリガーボタンを押してください)

動詞やキーとなる部分を太字にしています。比較的簡単な英語で書かれていますので、もし知らない単語や表現が出てきたら意味を確認しておきましょう。Aボタンを押すと次のステップが表示されます。

Put your headset on, move 1.5 meters away from the camera, face the camera.
(ヘッドセットを装着し、カメラから1.5メートル離れて、カメラの方を向いてください)
stay still and then press the “A” button or the right controller’s trigger button.
(その場所にいたまま、右コントローラーのAボタンかトリガーボタンを押してください)
Move the blue circle to where the right controller is.
(青いサークルを右コントローラの場所に動かします。)
Try aling the controllers and the headset with the overlay image.
(コントローラとヘッドセットとイメージが重なるように調整してください)
Tap “Cancel” to return to the first step if you can’t get a good alignment.
(もし調整がうまくいかない場合は、最初のステップに戻るために”キャンセル”をタップしてください)
調整しているところの写真を撮り忘れてしまいました…。

最後のステップでは、今設定した内容を「保存してください」とだけ表示されます。

ここまで完了すれば、後はMRを起動するだけです…!
皆さん、英語で書かれている説明は理解できましたか?

これだけの英語が分かるとできること…、こんな動画が撮れました!
(真後ろで撮ってますが、カメラに収まる範囲でアングルは自由に調整できます。)

 

科学の力ってすげー!と言いたくなりますね!


運動不足解消・英語学習にVRはピッタリのゲーム機です。
お一ついかがでしょうか(笑)

机に向かって英語を勉強するだけでなく、ある程度分かるようになれば積極的に「自分の好きなことを英語で調べてみる/やってみる」という「実践環境」にぜひチャレンジしてみてください。

初心者からの分かりやすいオンライン英会話は本気イングリッシュ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました