【今更聞けない】小学生でも知ってるSDGsってなに?

未分類

最近テレビやインターネットでSDGsという言葉をよく聞くようになりました。
何かの頭文字のようですが、一体どういう意味なのでしょうか?

外務省のホームぺージでは、以下のように説明されています。

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

Sustainable (サステイナブル) 持続可能な
Development (ディベロップメント) 開発
Goals (ゴールズ) 目標

の略なんですね。2015年の時点ですでに採択されていたとは知りませんでした。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

17のゴール自体は目新しいものではなく「貧困をなくす」「質の良い教育を提供する」など、世界平和やより良い生活、エコを目指した内容になっています。コロナや地球温暖化による異常気象など、世界を脅かす諸問題が目に見える形で私たちに迫っている中、より一層叫ばれている感じがしますね。

このSDGsと同じく、最近登場した言葉に「エシカル消費」があります。
エシカル消費とは “Ethical consumerism(倫理的消費)” をいい、倫理的ではない商品は買わないようにしましょう、という意味が込められています。具体的には、

・不当に安い賃金で労働力を搾取しているもの
・環境に配慮していないもの
・劣悪な環境で管理されている商品や家畜など

を避けて、多少高くても「フェアトレード」「エコ」「健全な」商品を購入しましょうというものですね。

これらの活動は良いことではありますが、先進国が力関係で得ていた恩恵がなくなる、ということは、言い換えると、商品の価格が上昇する恐れがある、ということでもあります。日本のように長くデフレ化にあった国にとっては、無条件に喜べないことも今後起こるかもしれません。
そんな中、何とかWin-Winでやっていける道を模索しているのが現在なのだと思います。

Question——————
あなたの身の回りで、SDGsに関わるものはありますか?
あなたの仕事や活動でSDGsに取り組めそうなものはありますか?
それによって、どのようなメリット・デメリットが生じるでしょうか?
—————————-

資本主義と平等をどのレベルまで実現するのか、いろいろな見方のできるトピックですので、英会話の先生と一度SDGsについて討論してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました