【知ってた?】セブ出身の天才少年レオ君

現地ニュース

今回は「ある特技」で世界的に有名になった男の子を紹介します。
名前はレオ ボロメロ君。セブ島出身の笑顔が可愛らしい男の子で今年14歳です。

一体何で有名なのかというと…ギターではありませんよ。

実は、ルービックキューブのフィリピンチャンピオンなんです。

Leo Borromeo is a fourteen-year old from Cebu, Philippines who began cubing in 2014. After less than a year of being pretty much self-taught, and picking up lessons from YouTube videos, he joined his first competition at 8 years of age, and had a sub 40 average.

レオ君は2007年生まれで、7歳の頃からyoutube動画などを見て独学でルービックキューブをはじめ、その1年後から大会に出場しています。その可愛い見た目とは裏腹に、フィリピン、アジアのルービックキューブ界隈ではトップ級の成績を誇ります。
フィリピン国内ではほぼ敵無しというから驚き。
世界大会への出場経験も何度もあります。


海外ではルービックキューブ愛好家のことを「キューバ―」と言いますが、トップスピードキューバ―達の試合は、なんと3×3面のルービックキューブを5秒前後で解くという想像絶するもの。この動画の対戦相手のFeliksさんは、タイムを競う「スピードキューブ」の世界記録を保持していたこともある実力者です。

ちなみに、レオ君の最速記録はなんと2.78秒…!

公式大会の世界記録3.47秒を大きく更新するタイムだけに、
動画の中でレオ君本人も「What…!?」と動揺していますね。

英語だけでなく、好きなことと英語を繋ぎ合わせると世界が広がります。
皆さんもご自身の趣味と英語を繋げて、世界に発信してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました