Google翻訳は古い!?外資系も使う翻訳ツール

英語学習

Google翻訳を使って文章を翻訳すると摩訶不思議な誤訳が出来上がる。そんな体験皆さんもしたことはありませんか?英語の勉強を進めていくと「何かおかしいぞ?」に気付けるようになりますし、「あ、これ機械翻訳使ってるな」と文を見て一発で分かるようになります。

…とはいえ、英語学習中どうしたってお世話になるのが翻訳ツールや辞書の存在。

本日はバリバリの外資系の人も使っている、オススメツールを2つご紹介します。
そして、オマケにスピーキング練習のできるサイトを1つご紹介します。

DeepL (ディープエル)

DeepL
Google翻訳よりも翻訳精度が高いと言われているアプリですね。私の周りの外資系関連の方はこちらを補助的に使っていることが多いようです。人間の翻訳には至らないにしろ、意訳も含めてより柔らかい感じに訳してくれますので、個人的にはこちらのほうが結果的に自然な表現になっていることが多いように思います。DeepLは原文に綴りや文法的なミスが生じている場合「訳さない」という形で翻訳を完了することがあるので、注意が必要です。

因みにこの文章を英語翻訳に掛けると以下のようになりました。

<Google翻訳の場合>
It’s an app that is said to have higher translation accuracy than Google Translate, and it seems that foreign-affiliated people around me often use this as a supplement. Even if it does not lead to human translation, it translates into a softer feeling, including free translation, so I personally think that this is often a more natural expression as a result. Please note that DeepL may complete the translation in the form of “do not translate” if there are spelling or grammatical mistakes in the original text.
<DeepL翻訳の場合>
This is an app that is said to have higher translation accuracy than Google Translate, and many of the foreign-affiliated people around me seem to use it as a supplement. Even though it is not as good as human translation, it gives a softer translation, including intentional translation, and I personally think it results in more natural expressions. DeepL sometimes completes the translation by “not translating” if there are spelling or grammatical errors in the original text. So please be careful.
違いが顕著だった部分として、最後のGoogle翻訳のPlease noteは堅い表現ですね。掲示板や書類に注意として書くなら良しですが、ブログや知り合いに送る文ならDeepLの方が人間味のある訳の方が好まれます。DeepLには無料版と有料版があり、有料版はフォーマル・インフォ―マルの選択が可能になります。

Grammarly (グラマリー)

Grammarly
Youtubeなど動画の広告で見たことあるという方も多いかもしれません。自分の作った英文を自動添削してくれるシステムで、無料版と有料版があります。無料版では致命的なミス(スペリングと文法)を指摘してくれるので、これだけでも英作文の確認に使えるのですが、有料版にすると、ビジネスやカジュアル、アカデミックなど、用途に応じたよりよい語彙や言い回しの提案をしてくれますので、英文を既に掛ける人が自分の英文をより洗練されたものにしたいという場合に向いています。

Speechace (スピーチエース)

Speechaceは発音トレーニングができる有料アプリELSA Speakingの無料版のようなサイトで、示された例文を読むと、音声認識システムが発音を自動解析して点数を付けてくれるというものです。
間違った箇所の自分の発音がどのように聞こえているのかをチェックすることができる点はELSAと同じなので、意識的に発音を矯正するのに役立ちます。認識精度についてはELSAよりも甘い感じがしますが、それでも無料で使えるのはありがたいですね。Speechaceにも有料版もあり、こちらになると発音判定だけでなく流暢性などもスコア判定に組み込まれてきます。

日本語を交えながらでもOK!日本人への英語指導歴が長い先生たちだから、ちょっとした日本語の意志疎通も可能。英語に自信がなくてもゆっくりコツコツ学べる本気イングリッシュオンライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました